ほたるがいたセンター

☆ ほたるちゃんは里親さん募集中です。

   (注 いつでも里親募集中の番号が変わりましたのでご注意下さい)
   ほたるちゃんの詳細はこちらです→いつでも里親募集中 D13628

   基本的な健康管理をして頂ける方、終生愛情を持って一緒にいてくれる方、
   室内生活を基本として頂ける方からのご連絡をお待ちしています。

   里親ご希望の方はこちらに非公開で連絡先等を書いて
   コメントを頂いても結構です。
   後ほど私からお返事します。

   よろしくお願い致します。 ☆








昨日の続きです。


私が通っているセンターは、昨日紹介したセンターとは別の所です。

昨日のセンターは千葉県にある富里の動物愛護センター。

私が行っているのは同じ千葉県だけども別になります。

まだ数回しか行けてないんですけどね。


ここには処分機はなくて処分対象の子は富里へ送られてしまいます。

まだあまり内部の事をセンターの方とお話できていないので

ハッキリとは言えませんが、仔犬は貰い手が見つかるまでここにいるって言ってたし、

このセンターにいる数は富里よりかなり少ないんじゃないかと思います。



初めて行った日は動物がいないんじゃないかって思うくらい静かでした。
(実際は駐車場の奥に成犬がいたんですけど)

担当者の方といろいろお話をして、何とか最初の日にマッキーを

連れて帰ってくる事ができたんですけど、

私がこのセンターで見れたのは譲渡用の仔犬達と駐車場にいた成犬数匹だけです。


ここでは富里とは違って処分されていまう子のいる場所は入れません。

理由は私のようにボランティア精神を持ってセンターへ来る人に中を見せてしまうと

可哀想だという思いから全ての子を連れて行きたいと思ってしまうから、

だという事を後から知りました。

だから私が連れて帰ってこれるのは譲渡用にまわされた子だけなんです。

センターの方も本当は全ての子を助けたいと思っているんだと思います。

でも実際捕獲されたり持込される子の中には

老犬だったり病気の子もいます。

里親さんが早く見付かればその分たくさんの子が助かるワケだし、

なるべくなら里親さんが早くみつかるような子を連れて行ってほしい

それでまた別の子を迎えに来て欲しいのだと思います。

賛否両論あると思いますが私は納得しました。




                 お腹こちょこちょ~
f0087256_21141222.jpg


ほたるは大きくなりそうだという事から貰い手がなかなか見つからなくて

一人でポツンとおもちゃで遊んでいました。
(前日に譲渡会をしたそうですが、やはり見つからなかったそうです)

その日にいた成犬は全て貰い手の候補があるという事だったので

ほたるを連れて帰ってくる事にしたのです。


その日、センターへ行ったらすごく大きな吠え声がすっとしていました。

一匹ではなく何匹かいたんだと思います。

その吠え声は“私の入れない場所”から聞こえていました。


ほたるを連れ帰ると決めてからセンターの方に吠え声の主の事を聞いてみました。

声の主はその日飼い主によって連れて来られた10歳のビーグルでした。

里親を自分で探したりはしなかったのか、

どうしてセンターへ連れてこられてしまったのか聞きました。

飼い主さんが亡くなってしまい(入院だったかも)

息子さんは障害のある人でどうしようもなかった

のだそうです。


それにしてもすごい吠え声、鳴きやまない。


思わず「富里へ送られてしまうんですか?」って聞いてしまった。

センターの方は苦笑いをして

 「それを答えたら連れて帰りたいって言うでしょ。
  あの子は今のようにずっと吠え続けるし賃貸で預かるには難しい。
  10歳という年齢もあってなかなか里親さん見つからないんじゃないかな。
  その間に連れて来られたたくさんの子を助けてあげて欲しいし、
  そうでないと私もビーグルの子をあなたに出した事を後悔してしまう。
  だから連れて行ってもいい子はこちらで決めさせて下さい
  しょうがない、こればっかりはしょうがない時もあるんですよ」

って言っていた。

私はセンターの方のこの話を聞いて納得したんです。

私自身も、10歳のよく鳴く子をセンターの方の制止を振り切ってまで

預かる自信がなかったのも本音です。

だからほたるを連れて帰ってきた。

富里へ送られるビーグルの子の存在を知りながら。

その子の吠え声のする中、ほたるを連れて帰ってきた。


もう考えてもどうしようもないんだけど、わからないんです。

ビーグルの子を見捨ててしまった。

ほたるを連れて帰った自分。

全ての子を助けられないのはわかってる。

でもこれでいいのかなってどうしても思ってしまうんですよね。

次に行った時、また同じような状況だったらどうしようかって。


考えても考えても頭の中は「・・・・・・・・・・・・・」です。

みんな幸せな暮らしができる日が来るのかな。





               ベランダの2ワンと網戸越に急接近のブー
f0087256_083269.jpg


by minna-yoiko | 2006-03-29 00:09 | ほたる
line

里親探しの預かり記録  (現在の里親募集中保護犬猫は、猫のあかです)


by minna-yoiko
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30