カテゴリ:動物達( 94 )


里親募集中

里親募集のヘルプの依頼がありましたので、
ブログでご紹介しまーす。


☆仮名  「だんご」 メス

☆年齢  1歳前後

☆体重  3.3kg

☆毛色  キジトラ.白

☆性格  人懐っこく、甘えんぼ
      名前を呼んだり、話しかけると「ミャー」と鳴いて寄ってきます

☆経緯 ・6月6日に家の勝手口付近の段ボールに
      だんごが産んだと思われる仔猫を1匹発見                   
      (おそらく5月末に出産したと思われます。)  
      ・6月10日から仔猫とだんごに餌をあげ始めました。
      ・野良猫ですが、外で飼っている状態でした。
      日中は、自由にフラフラしていて、お腹が空いたり、車で         
      帰宅するとミャーと鳴いて勝手口に来ました。
      ・8月12日に旅行から帰って来たら、仔猫がいなくなっていて   
      それ以来行方不明のまま帰って来ません・・・。
      ・仔猫を探して、夜中中狂ったように泣き叫び、
      それが2週間続き、ご近所に大変迷惑をかけました。
      ・避妊手術前日の10/10より家の中に保護し、
       現在室内で生活中。
 
☆その他  ・避妊手術済み (10/11)
        ・3種混合ワクチン(10/11)
        ・ノミ、ダニ (フロントライン 10/11)
        ・駆虫済    (10/11)
        ・トイレ躾済み
        ・ 猫エイズ・白血病ともに陰性
        ・現在、千葉県で保護中。
        こちらからお届けに行くので、千葉近県の方希望。


f0087256_18361128.jpg

だんごちゃん、美猫っす。
萌え~♪

話を聞いたところによると、
自宅で飼えればもちろんベストだったのですが、
週末のみ自宅へ帰ってくるご主人が
これまたひどい猫アレルギーをお持ちで、
保護主のお母さんと娘さんは泣く泣くだんごちゃんを
家族に迎える事を諦め里親さんを探す事にしたそうです。

とっても人懐こいだんごちゃんで、
娘さんのお布団にもぐりこんで一緒に寝ているのだそうな。
保護主さんのお宅では先住ワンコもいますが、
だんごちゃんはいたって普通に接するそうなので
先住ワンコがいるお宅でもOKだと思います。

だんごちゃんが気になるかも・・・
って思ったそこのアナタ!
ブログに非公開でコメント下さいませ。
依頼主さんに私が連絡をとります。



保護主さんも、状況が許せばだんごちゃんを最後まで
飼いたかったのだと思いますが、
泣く泣くだんごちゃんと暮らす事を諦めた方なので、
保護主さんに負けないくらいだんごちゃんを大切に
可愛がってくれる方からのお問い合わせをお待ちしていま~す。

        みなちゃん、よろちくおねがいします
f0087256_18492882.jpg


by minna-yoiko | 2009-10-25 18:53 | 動物達

こんな時に限って・・・(追記あり)

追記:迷子君、今日の15時過ぎに
   無事飼い主さんの元へ帰る事ができました。
   飼い主さんも警察へ連絡を入れて
   家で保護されていると知ったそうです。
   なんと、1本道を挟んだ所に住んでいる方で
   とってもご近所さんでした。
   これで病院へ連れて行ってもらえるといいんだけど・・・。
   ともかくよかった。


昨日の夜の散歩で
迷子を見つけました。
そして、連れて帰ってきました。


こんな時に限って、、、、、、ですよ。


えぇぇ、えぇぇ、
夏風邪&熱ありちゅうです、わたし(泣)


迷子クンです。
f0087256_12185045.jpg

未去勢で、ずいぶんとご立派なタマタマつきです。

首輪をしていて、狂犬病予防接種証明の札(平成20度の)が
ついているので、週明けに保健所にでも連絡すれば
飼い主の居所が掴めるでしょう。たぶん。

警察へは届け済です。
今のところ、警察へ迷子を捜しているとの
問い合わせはないそうです。
この週末に飼い主が見つかるにこしたことはないので、
ポスターを近所へ貼ってきました。

迷子のキャバリア君の特徴として一番なのは、
アゴ下あたりの顔と首の境目のところに
かなり大きなコブがあること。
白玉ダンゴくらいなのかな。
連れてきてすぐにシャンプーだけはしたのですが、
コブに気づいてビックリしました。

飼い主さんや、飼い主さんを知っている人がブログを
見ている可能性もあるかもしれないので
あまり下手なことは言えないが、、、、、、、
毛玉ボーボーの、耳垢だらけでかなり痒そうなのです。

これは、お腹を掻きむしっているところ。
f0087256_12282284.jpg

下の階にいても、掻いている音が響いてきます。

私的には、すぐにでも病院へ連れて行ってあげたいところだけど、
飼い主さんが見つかるかもしれないので
シャンプー以外今は何もしていません。

フロントラインくらいならしてもいいかなぁ。
どうしよう。


息も苦しそうにするし、苦しそうな咳も時々してるし、
早いとこ飼い主さんに引き渡して
病院へ連れて行ってもらいたいんだけどな。

f0087256_12344044.jpg


by minna-yoiko | 2009-07-25 12:35 | 動物達

里親詐欺情報!

ボラ仲間が、猫ちゃんの里親詐欺にあってしまいました。
色即☆是空

幸いな事に、ボラ仲間が渡した猫ちゃんは戻ってこれましたが、
海外転売されたり、死んだと言われている猫ちゃんが
多数います。
言葉巧みに猫を騙しとっては、繁殖させ
海外へ転売していたようです。

当事者ではないけど、許せない。
悪びれていない詐欺師、
猫を死んだと平然と言える詐欺師、
自分もボランティアだと言う詐欺師。

私達が、大切に世話してきた子を
どんな思いを抱いて
数回しか会ったこともない人へ渡すのか。
そういう思いを踏みにじる詐欺師が許せない。

この人がどんな事をしていたのか
HPも持っているようなので
検索すればすぐにわかります。

元気に戻ってこれる猫ちゃんが少しでも
多くなるよう、情報をお寄せ下さい。
北海道苫小牧市
ジャパニーズボブテイルのブリーダー
医者(女医)
これらキーワードに聞き覚えがある方
被害にあった方、または奴からメールが来たことがある方
情報を提供して下さいお願いします。
mangetu1970★gmail.com
※★を@にしてください。


by minna-yoiko | 2009-06-18 20:26 | 動物達

センター

ボラ仲間達が、センターへ行った様子を
ブログの記事にしています。

あかるい未来
色即☆是空
垂れ耳立ち耳奮闘気
チロチロ日記
魔法のしっぽ


3月20日にセンターで開催された譲渡会の
お手伝いに行った際に収容部屋にいた犬がまだいます。

この子です。
f0087256_08303.jpg

私が3月20日にこの子を見た時に受けた
印象とはだいぶ違い、とても良い子になっているようです。

3月20日に聞いた話では、
この犬には検疫依頼が来ていると聞いていましたが、
実際この子を見て検疫依頼を辞退したそうな。
検疫依頼をかけた子については、
責任をもって引き出すのがスジではないかと
思っているですが・・・。

もうかれこれ3ヶ月センターで過ごしているという事になります。
早くセンターを出る事ができればいいんだけど。

by minna-yoiko | 2009-06-16 23:54 | 動物達

シャッターの向こう側

さっき、
とても楽しかった昨日の事を書いたばかりだけど、
モモちゃんの里親さんからも近況を頂いているので
UPしなくちゃいけないんだけど、
その前にどうしても書かなければいけない事を見つけました。

動物愛護センターの子達のことです。
もう何度もセンターの様子、
収容されている死を待つ子達を載せましたが、
今日見つけたボラ仲間のブログの記事は
そのどれとも違います。

今まで、センターで泣いた事は一度もないです。
センターへ初めて行った時も
言いようのない緊張だったけど涙は出なかった。
泣かないようにしようとしてるわけではなく、
私の場合はいつも緊張で余裕がないんです。

でも、今日見た記事は違う。
今まで見たことがないセンターの様子が書かれています。
最終部屋にいる子達が迎えた、最終日の朝の様子。
ボラ仲間が、最終日を迎えた子のうちの1匹を
ぎりぎりで検疫依頼できたという記事です。
こちら→「魔法のしっぽ」

シャッターの下を這うように出てこようとしていた子。
言いようのない悲しさで、涙が溢れました。



最終部屋から検疫にかけられた子。
がんばれ、生きるんだ。
f0087256_165774.jpg


by minna-yoiko | 2009-06-07 16:07 | 動物達

緊急情報!

迷子犬の情報です。
友人宅から里親様の元へ行った子が
迷子になってしまいました。

f0087256_1922589.jpg

いなくなった日:2009年4月23日(木)午前6時

いなくなった場所:神奈川県川崎市高津区久地2丁目

            多摩川の河川敷が最後の目撃場所

特徴:ピンクのハーネス、赤い迷子札がついています。

   体重約6㎏(小型犬)で、色は、うす茶



恐がりな子ですので見かけた方は無理に保護しようとせず、
まずは目撃情報を連絡して下さいますようお願いします。
連絡先、その他情報はこちらをご覧下さい。
色即☆是空

よろしくお願いします。

by minna-yoiko | 2009-04-23 19:25 | 動物達

理由なんてない

笹塚譲渡会&チャリティフリマ、チャーリー&ブラウンも参加します。
(チャーリー&ブラウンは12時までの参加です)
詳細は↓のバナーをクリッククリック♪


<チャーリー&ブラウン、「いつでも里親募集中」に掲載しています。
 チャーリー→D36153
 ブラウン→D36154 です。
 非常識なメール、件名なしのメールには対応しかねます。>



ボランティア仲間達がセンターへ行った様子をブログに残してくれています。
チロチロ日記
あかるい未来

今まで一度も、動物愛護センターという場所をTV等でも見た事がない方。
知らなかった方。
心を強く持ち、どうか見て欲しい。
最終日の部屋にいる子は明朝、
その他の部屋にいる子達もあと数日のうちに処分されます。
今あなたの目に写っている子達がどうして死ななければならないのか、
処分数を減らすにはどうしたらいいのか。
考えてみませんか。
f0087256_22282643.jpg


自分達の欲求を満たすために
動物の命を粗末にしていいなんて事は決してないんですよ。
動物の命を粗末にしていい理由なんてないんです。

by minna-yoiko | 2009-04-22 22:51 | 動物達

「ありがとう」なの?

3月20日の祝日、金曜、千葉県動物愛護センター(富里)へ
飼い主探しの会のお手伝いへ行ってきました。

この飼い主探しの会は、犬を飼いきれなくなった人は犬を持ち込み、
犬を迎えたい人は講習を受け、気に入った犬がいれば貰い受けるという
いわば譲渡会です。

犬を持ち込む飼い主の理由もそれぞれ。
まぁ、たいがい察しがつく理由ばかりだけどね。
 「飼っている犬猫が仔犬を産んだ」
これも多い理由です。

望まない命を増やさない為にも、避妊去勢をすすめ、
パンフレットも配りました。
でも、どの飼い主も反応は鈍く、たぶん手術してくれる人は
この中にはいないだろうと思ってしまいました。
そればかりか、こうした会に飼い犬を連れてくる事に
何の罪悪感さえも感じていないようだった。

確かに、犬猫を捨てたり、こういう会ではなくただたんにセンターへ
持込みをする飼い主に比べたらマシなのかもしれない。
新しい飼い主を探そうとしているわけだから。

でもね、飼えなくなったから連れてきてるわけで
とても無責任な事だし、恥ずかしい事だと思うのです。
“勝手”に産まれた仔犬・仔猫はいらないし、飼えないから
連れてきて新しく飼ってくれる人を探す。
“勝手”に産まれたワケじゃないでしょ?
自分の管理責任のなさがこういう結果をうんでいるとは思わないのだろうか。

そして、犬猫を迎えに来た方達。
ショップではなく、こういう機会にこういう場所へ来て
犬猫を迎える事はとても良いことだと思います。
正直、犬猫を迎えに来ている人の数が多くて驚きました。
でも、とても変だなと感じた事があります。
それは、犬を持ち込んだ飼い主に対して、
犬を迎えた人が「ありがとう」と帰って行くこと。

深い意味はなく、ただの挨拶なのかもしれない。
でも、この「ありがとう」にとても違和感を感じました。
決して「ありがとう」って感謝されるような行為ではないはず。
だって、結局は自分の家ではいらない犬猫を
捨てに来ているのと同じなんだから。


センターの収容部屋も見学してきました。
負傷動物の部屋。
写真が全部見えずらくて、すみません。
ダルメシアンだったのかな。
産まれた仔犬と母犬、そして父犬(?)も一緒に捕獲されたそうです。
f0087256_15524082.jpg


ダックスらしからぬ大きなウンチと一緒に
ずっとこんな顔して見ていた。
f0087256_1553337.jpg


窓を開けて写真撮ればよかった。全然見えない。
とても可愛い顔をした子でした。
f0087256_15541019.jpg


この子は、前回センターへ行った時にもこの場所にいた。
体も大きくて、ドーベルマンのような毛色をした犬。
f0087256_1555447.jpg


そして、この子は負傷した左前足をすでに切断されています。
センターへ来る前に病院で処置されていたんだっけかな。
f0087256_15573787.jpg



一日目の部屋。
f0087256_179263.jpg



一番手前の壁にぴったりくっついていて
あやうく存在に気づかないところだった。
f0087256_163456.jpg


この子も、まだ若いスタイルのいい可愛い子だった。
f0087256_163431.jpg



二日目の部屋。
f0087256_1645661.jpg

手前の黒い子。
前回センターへ行った時の写真にも載っていたと思うけど、
この日、ボランティアさんによってやっとセンターを出る事ができました。


三日目の部屋。
f0087256_16555814.jpg


この子は、後ろのいる茶色の犬(上の写真の手前の子)にイジメられていて
必死にドアにすがりついていた。
床に転がされて、他の子は渇いた床で寝ているのに
この子だけ体がびしょ濡れ。
耳の後ろからは血も滲んでいた。
f0087256_1734020.jpg

男の子だったのかな、女の子だったのかな、わからない。
助けてあげたかったな。
家にはもう余力がないんだ、ごめん。
f0087256_1743254.jpg



最終日の部屋。
f0087256_17303021.jpg

f0087256_17305499.jpg

f0087256_17311131.jpg

今回は職員さんと一緒に見学をしていないので
どの子に検疫依頼があるかなどはわかりません。
でも、この写真の子達のほとんどが来週中にはもう
この世にいない事は確かです。


手術についてや、飼育環境に対する意識の低さを感じ、
変だな、おかしいなって感じたことが多い一日でした。

by minna-yoiko | 2009-03-22 17:43 | 動物達

お知らせ

☆3月20日、金曜の祝日に千葉県動物愛護センター(富里)で
 飼い主探しの会が開催されます。
 詳しくはこちら→飼い主探しの会 臨時開催
 昨年の開催時は、たくさんの人が来場したそうで
 今年は予約制となったそうです。
 新しい子との生活を考えている方、参加してみてはいかがでしょうか。


今日はお知らせだけ。

by minna-yoiko | 2009-02-27 00:01 | 動物達

話はいろいろ変わる

自分のブログなのに、一つ前の「センターレポ」の記事を
見るのが辛い。
また、写真の中のあの子と目が合ってしまうから。

センターへ行った後は、
明日は、あの部屋にいたあの子達が処分されてしまうんだな
って毎日毎日考えて、憂鬱になります。
1匹くらいなんとかならなかったのかって
ずーっとかんがえてしまう。
考えても、もうどうにもならないことなのに。


本来の根暗でイジイジした性格が
こういう時にかなり影響しちゃうんだなぁ。



ところで、昨日のセンター見学には
くろの里親さんと里親さんのお母さん、
そしてもう一人加わって3名の方が参加して下さいました。
私達とは別に、見学の時間が同じになった学生さんも二人いました。
手術室、収容棟、検疫部屋、負傷動物の部屋、仔犬舎、
処分機、焼却炉。
職員の方の説明と共にセンター内をくまなく見学していました。

職員さんにいろいろ質問していた学生さん。
何を思って、何を感じただろう。
聞いてくればよかったな。



またまたところで、、、、、、、、、、
22日の日曜って、映画でしたよね?
「犬と猫と人間と」


なんてバカなんだ、わたしはー!
22日のブログに
「明日はセンター見学に行くので、これから千葉の実家へ旅立ちます」
なんてノンキはこと書いてる(汗)

そうです。
すっかり忘れていたんですよ。
宣伝しつつ見に行くって書いておきながら
見に行きませんでした(大汗)
すみません。

最低だ、私。。。

by minna-yoiko | 2009-02-24 23:52 | 動物達
line

里親探しの預かり記録  (現在の里親募集中保護犬猫は、猫のあかです)


by minna-yoiko
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31