お迎えできた子・できなかった子

もうイヤ。。。
1時間を費やしてせっかく書いたのに、、、
あと残り数文字書いたら終わりだったのに。
消えました。

本日、書くのは2回目です。
なので、文がちょっと乱雑になるかもです。


さてさて、本題。
今日は、土曜にもかかわらず千葉県動物愛護センター
行ってきました。
富里にある本所です。
(注:役所なので通常土日はやってません)

この子を迎えに。

待たせたね、迎えにきたよ。
f0087256_20562196.jpg

手前でお座りしている白黒の子です。
13日で検疫が終わるとの事だったので
1日でも早く迎えに行きたくて職員の方には無理をお願いしてしまいました。
見覚えのある方もいるかと思いますが、
この子はチロママさんのブログ2月20日の記事
「捨てると言う事」に書かれていたお母さん犬です。
箱に入った子犬7匹と一緒に捨てられ、
通報によりセンターの収容トラックが出動し、
センターへ収容されたということです。

仔犬が産まれる前に、産まれないように避妊手術をするよりも
“仔犬が産まれたら、子犬と一緒に捨てる”
¥はかけずに邪魔者は排除するという方法を選択する人間。
鬼畜ですか?

今日はまっさんと(まっさんは初)一緒に行ったので収容部屋の見学を
どうしてもしたかった。
職員の方に無理を言って見学させてもらいました。
1日目。来週の金曜処分です。
f0087256_21144140.jpg


f0087256_21152157.jpg

ここには、数匹の性格の良さそうな大人しい子ばかりいました。

と、奥には仔犬が2匹丸まっています。
f0087256_21155653.jpg


この部屋を後から再度覗くと
f0087256_21164563.jpg

仔犬が白い成犬に寄り添って寝ていました。
どの子もそうだろうけど、やはり仔犬は心細いし寂しいよね。
白い成犬もそれを普通に受け入れていました。

そしてこの子も、すごく性格が良さそうな可愛い子です。
大人しくじっとただただ私達を見ていました。
f0087256_21182182.jpg

何ができるワケでもないのに、この子達を見ていいのか?
とさえ思ってしまいます。

2日目。来週の木曜が処分です。
f0087256_21202669.jpg


立派な秋田犬と
f0087256_21205929.jpg

立派なセター
f0087256_21212365.jpg

この子達も捕獲です。
こんな大きな犬がウロウロしていたら私でもドキッとします。
普通の人が見たら恐いと思うでしょう。
犬の事も、周りの人間の事も考えず捨てる(放す)人間、
まったくもって自分の事しか考えていない大バカ者!!!

f0087256_21234257.jpg

1日目の部屋と同じく、ここにも黒柴がいました。
小さくて人懐こそうな子なのに、何でここにいるの。
その後ろにいる、よく写ってませんがジャックラッセルの子。
お腹が大きいようです。
同じ日に同じ場所で同じ犬種と、ポメラニアン2匹とトイプードルで
捨てられていたので私が思うにブリーダー放棄ではないかと。
使い捨てですね。お腹にも命が入っているというのに。

3日目。来週の水曜が処分です。
f0087256_21272324.jpg


f0087256_21275694.jpg

この部屋には、茶・黒の似たような子が多かったのですが、
群れでいた野犬らしいです。
通報により捕獲ですが、野犬の子は捕獲が難しいので
薬で捕獲されます。
こういう子は譲渡にはまわらないそうです。

f0087256_21292476.jpg

この部屋の子達は、誰も寄っては来ないで
ただブルブルと震えていました。
人と触れ合わずに生活してきたこの子達にとって、
こういう風に人間に見られるだけでも恐怖なのでしょうね。

そんな中で、明らかに人に飼われていたであろう子がいました。
f0087256_21312871.jpg

じっとこっちを見ているだけでしたが、
首輪に名札のような物がついているので職員の方に聞いたら、
ただの光る飾りだったそうです。
ただの飾りではなく、名札・鑑札をつけて下さいよ!
ただの飾りなんかじゃ意味ないんだから!

4日目、5日目。
月曜は処分は行われないので、2日分を火曜日に処分します。
f0087256_2133977.jpg


首輪をしてる子が本当に多い。
f0087256_2134594.jpg


f0087256_2134395.jpg

奥に茶・黒の成犬がいます。
その影になって見えないかもしれませんが、
まだ2ヶ月ほどの小さな白い仔犬がいました。
成犬にお尻を追われ、上に乗られ、ギャンギャン鳴いて
悲惨な光景でした。
これを見てもわかるように去勢されずにいて、
交尾したい衝動にかられたオス犬の行動がどれほどかわかるでしょう。

小さかろうが、大きかろうが、
男だろうが、女だろうがここではいっしょくたです。
f0087256_21395846.jpg


みんなが端に寄っていて写真が撮りずらいと言ったら
センターの方が窓を開けてくれました。
f0087256_21412547.jpg

でも、出られると思っちゃうよね。
ごめんね。

センターへ行く時はいつも軽くパニック状態なんですよ、本当は。
センターの方とも普通に話すし、写真もたくさん撮る。
でも、心はぐちゃぐちゃなんです。
この状況をどうにかしたいと思って、いろんな人に訴えたいし、
1匹でも助けたいからセンターには行きます。
でも、正直どうしたらいいのかわからないのが本音です。
捨てる人の数が減らないと、
処分される数が減ってくれないと意味がないんです。
意味がないというのは語弊があるかもしれません。
でも実際、処分される犬猫の数が減っていない。
捨てられる犬猫の数だって同じように減っていない。
毎日毎日センターにこんなに犬猫がいるのはどうしてか?
みなさんも、一緒に考えてくれませんか。


f0087256_21494377.jpg

センター横の広場。
処分するのが目的で作られた動物愛護センター。
譲渡にまわる子達が入る検疫部屋をもっと大きくたくさんとの意見も
「世論のニーズがないから」と却下。
こんなに大きな広場があるのに。


☆明日は、お母さん犬のことと、
 ひーちゃんの避妊手術の様子を書きます。
 お母さん犬、誰が預かってくれてるのかお楽しみに~

by minna-yoiko | 2008-03-15 22:00 | 動物達
line

里親探しの預かり記録  (現在の里親募集中保護犬猫は、猫のあかです)


by minna-yoiko
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31