収容動物情報

今日、久しぶりに千葉県動物愛護センターの
収容動物のページを見ました。

自分に引き取れる余裕がない時はあまり見たくないんだけど。
見てしまうと自分の無力さに気づいて落ち込むから。

今日、収容動物を見て驚いたことは、
洋服を着ているワンコも多いってこと。
首輪やリードをつけたまま収容されているワンコが多い事は知っている。
洋服まで着ている子がどうして収容されてしまうのか。
洋服まで着せる飼い主は今どうしてる?

首輪をしている=飼い主がいる
洋服を着ている=可愛がられている

というのは今の世の中じゃ通用しないのね。
どうなってるんだ、まったく。
着せ替え人形じゃないってことくらいわかるだろうに。

一度見てみて下さい。
動物愛護センターの収容動物のページ→収容動物情報

本当に様々な子がいます。
どうしてこんな子が?と思うような子も。
そして、そこに映っている子達がそこにいる理由は
どれもこれも飼い主の勝手な言い分によるものだということ。
収容動物情報の右側に書かれている収容期限は、
“読んで字の如く”です。
生きていられる期限ということです。


      世界平和、生きている者がみんな幸せに暮らせるということ
f0087256_19471065.jpg


by minna-yoiko | 2007-12-12 19:03 | 動物達
line

里親探しの預かり記録  (現在の里親募集中保護犬猫は、猫のあかです)


by minna-yoiko
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31