胸が痛い

あか。

私は、あかの気持ちを全然わかっていなかったよ。
あかの寂しい気持ち、苦しい気持ちをこれっぽちも。
ごめん。
ごめんね、あか。
f0087256_23112172.jpg



先週くらいからでしょうか。
あかの鳴きがすごくて、延々ずーっと鳴いたままで、
要求しそうな事は全部片づけても鳴いていて、
部屋をフリーにしても、夜ケージに入れても、
トイレをキレイにしても、ご飯をあげても、お水をキレイにしても、
遊び終わってからも、とにかく何をしても鳴いたまま。

夜も鳴いたままなものだから、私も全然寝つけないし、
近所からの苦情も気になるし、
先週から寝不足が続いていました。

でも、まだやれる事は何かしらあると思って、
無い頭を使って、あかが鳴かないように毎日いろいろ試してきました。

でもダメ。
昨日もあかが静かにしてくれたのは2時過ぎ。
毎日4時半には起きてみんなのお世話して仕事へ行く。
昨日はさすがに限界だと感じました。
仕事中もボーっとしちゃうし、眠い。

そしてまた、助けを求めて、
みゆさんにACをお願いしました。

あかは、私の考えもつかないような気持ちでいました。
みゆさんが涙ながらに語ってくれた事を以下に書きます。

  ↓

み:あかく~ん、お話してくれますか?
あ:いいよ~。(けっこうあっさり)

み:「体の調子はどう?痛いところとかある?」
あ:「ないよ」
(しかし、腰のあたりの背骨に違和感あり)

み:「いつも鳴いているのは、腰が痛いのと関係あるの?」
あ:「ないよ」

み:コズエさんのお家は周りにもたくさん家があって、あかくんの声が
  大きいから周りに聞こえているんじゃないかって心配なの。
  鳴いている時はどんな気持ちなの?
あ:「おとうさーん!おかあさーん!って呼んでるの」
(感情が爆発して、叫んでいるようなイメージ)

み:「それは福島の?」
あ:「うん」

あ:「帰りたいよー」

み:「でもね、元の場所にはもう戻れないんだよ」
  (どうして戻れないのかもきちんと説明して頂きました。
   戻ってももう誰もいないことも、
   福島のお父さんお母さんも戻ってこれないであろうことも)
あ:「そうじゃなくて、
   お父さんと、お母さんと暮らしていた頃に帰りたいんだよー」
   (泣いている感じ)

(もう一度、戻れないという事を説明した頂きました)
あ:「わかっているんだけど、帰りたいよー」

(悲しくて悲しくてしょうがなかったです。
会社にいたから我慢したけど、堪えるのに必死でした)

み:「あかくんが鳴かなくてもすむように、何をしたらいいかな?」
あ:「ここにいるよって教えてほしい」
(あかくん自身も、今は福島ではなく、ここにいるんだって事を
 伝えてあげた方がいいとのみゆさんからのアドバイスでした)

最後に、私の気持ちをあかに伝えてもらいました。
あかの気持ちが少しでも和むように努力するから、
あかも今の状況や福島には帰れないことをわかって欲しいと。
f0087256_002521.jpg

(細かいところえを言えば、あかに対してみゆさんが話してくれたことは
 もっとたくさんありますが、抜粋して書きました)


あかくん達を福島の家に迎え(捕獲)に行った時、
その時もみゆさんに話をしてもらったのですが、
あかくんは「たまちゃんが行くならぼくも行く」と言っていて、
たまちゃんには依存していそうだったけど、
福島の家や飼い主さんの事は一切出てこなかった。
だから、恋しいと思っているとはこれっぽっちも思っていなかったのです。
でもあかは、心の底から「おとうさーん、おかあさーん」って
叫んでいました。

あの震災後、あかのような気持ちを抱えて
一体どれくらいの動物達が死んでいったのだろうか。
みんな急な出来事に、状況もわからず、ただただ大好きな飼い主さんを
待っていたことでしょう。

あかの気持ち知って、動物の感じているストレスというか、
心の闇を感じた気がしました。


あ、ちなみに、
チコリとは仲良くできるかわかんない、
珀とは仲良くできる、ブーとは仲良くできないと(汗)

「数では負けてないぜ」と言っていたらしいので、
負けてます。全然負けてますから勝てませんよと伝えてもらいました(笑)


今のところ比較的落ち着いていると思います。
帰ってから私の顔を見るまでは延々鳴き続け、
今も思い出したように時々大きな声で鳴いてますが、
昨日に比べたら全然マシ。
これで、ケージですんなり寝てくれたらいいのだけど。

f0087256_0372789.jpg


by minna-yoiko | 2012-07-20 00:44 | 親子猫(福島)
line

里親探しの預かり記録  (現在の里親募集中保護犬猫は、猫のあかです)


by minna-yoiko
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31