どうかたくさんの人に知ってほしい



私がセンターに通いはじめたのは今年になってから。

センターでの現実を少しは知っていたけど、自分がセンターへ

行く事なんてとてもできなかったし、行こうとも思っていなかった。


恐かったから。


その場に行って自分が何かできるなんて思えなかったし、

そういう悲しい現実からは目をそらしていたいと思っていたから。

できれば知りたくないと。



私のようにそんな事は聞きたくない、知りたくないと思っている人も、

本当に何も知らない人も多いと思います。



でもどうか知って欲しい。

ペットショップでたくさんの新しい子犬が産まれているなかで、

こんなにたくさんの可愛い犬や猫が

毎日何百という数が処分されているんです。


昨年までお手伝いさせて頂いていた千葉ワンのボランティアさんが

センターへ何度も足を運んでセンターの様子を書き残してくれています。

     ぜひ見て下さい。
    
愛護センターレポート


レポートの写真を一部掲載させて頂きたいと思います。




この写真は最終日のお部屋の子達だそうです。
一日目からずれていくごとに犬の数も増えているようです。
f0087256_22193451.jpg




恐くて奥にかたまっている兄弟仔犬達
f0087256_22214218.jpg




首輪をしている子もかなり多いようです。
可愛い子犬も。
f0087256_222401.jpg




こんなにたくさんの仔犬達まで毎日のように運ばれてきます。
この中から譲渡用になれるこは一体どのくらいいるのでしょうか。
f0087256_2225968.jpg





この写真の子達はもういません。

この子達と自分の傍で寝ている子達。

何の違いもない、皆尊い命を持った可愛い子達です。


何の罪も無い可愛い子達が恐怖と寂しさを持ったまま

処分されなければならない。


そんな現実を作っているのは人間です。


作っているのが人間ならば、

どうにかするのも私達人間なのではないでしょうか。



明日は私が行っているセンターの事をちょこっと書こうと思います。

by minna-yoiko | 2006-03-27 22:06 | 動物達
line

里親探しの預かり記録  (現在の里親募集中保護犬猫は、猫のあかです)


by minna-yoiko
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31