まだ茶色子ちゃん<訂正ありあり>

千葉から、我が家へ向う車中にて。

f0087256_22261292.jpg

この後ですよ。
3拍子揃って出し切ってくれたのは(汗)


実は、、、、
まだ名前決まってないのです。
考えてはいるの。
もう少しだけまだ待っててね。

なので、とりあえずまだ茶色子ちゃんってことで。

茶色子ちゃんは、6/30にsorataraさんがセンターから引き出してくれていました。
そして、昨日我が家に受け渡すまでに、
シャンプーもして、健康診断も済ませてくれています。
sorataraさん、お疲れ様でした。ありがとう♪

茶色子ちゃんのことはまだ全然わかりません。
ビビリだってこと意外はね。
なので、健康診断の結果からまずはご報告します。

推定年齢 : 1歳前後
体重    : 7.95kg
検便結果 : 鞭虫&コクシジウム検出
フィラリア : 強陽性
たぶん未避妊。
目と耳は異常なし。
右後ろ脚が膝蓋骨脱臼(パテラ)のグレード1

パテラについては、グレード1とのことで
手術が必要なレベルではないそうですが、
フローリングに敷物を敷くなどの対策が必要です。

現在、コクシジウムの治療から初めていて
駆虫薬を飲んでいます。
しかし、
コクシジウムを退治できても、
手強い鞭虫&フィラリアが待っています。
鞭虫の駆虫薬は、フィラリアにも影響してしまい危険なので
今の時点では何もできていません。

まだ1歳。
夏を1度しか越していないのにフィラリア強陽性。
しかも、茶色子ちゃんの場合、
<ここ訂正>採血した血液をそのままスライドガラスに乗せて
 顕微鏡で見たら(直接法)、ミクロフィラリアが見えたということ。

ということは、親虫がかなりいる可能性があるということ。
心臓に負担をかけることは絶対にできません。

なので、フィラリア治療と、鞭虫の治療は
今後獣医の先生と相談して決めていきたいと思います。

         とりあえず、一番隅っこに非難してみた
f0087256_22532075.jpg


何年も外で生活していた子がフィラリア陰性だったこともあるし、
まだ1歳なのにこんなに重いフィラリアにかかってしまう子もいるんだ。
チコリも保護当時フィラリアだったし治るとはわかっていても、
茶色子ちゃんも治るのだろうか、と不安は大きい。


       ビビリだけど、ご飯はしっかり完食するのよ♪
f0087256_2258388.jpg


コクシジウム&鞭虫のせいだと思いますが、
噴射するような下痢をしているので
まだ部屋を自由にはできていません。
当分隔離生活になると思います。

隔離が長いと、ビビリ克服とか
トイレの勉強とか遅れちゃうんだよなぁ。。。
また一つ不安が。


それと、
まだ一日目だから当たり前なんだけど、
私のこと相当疑ってる気がする。
私のことっていうのか、人間全般っていうのか。
ウンともスンとも言わないし、
尻尾もピクリとも動かさない。

産まれてから1年、
どうやって生活してきたんだろうなぁ。


体調のこともあるし、
今回は本当に焦らず、茶色子ちゃんに合わせていこうと思います。
f0087256_2383857.jpg


一部訂正しました。
もう、私ってば。アハ。


by minna-yoiko | 2010-07-05 23:09 | 動物達
line

里親探しの預かり記録  (現在の里親募集中保護犬猫は、猫のあかです)


by minna-yoiko
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31