元から変えるには

ボラ仲間のチロママ。
自分のワンコと、保護ワンコ。
いつもたくさんの子がいてすごいなぁと尊敬している人。
今日の記事には、センターの様子が書かれています。
変わらない現状 ・千葉県動物愛護センター


どの子もみんな可愛くて、
アピールできる子も、恐くて動けない子も、
どの子もみんなそこから出してあげたくなります。

いつも変わらず多くの犬や猫がそこにはいて、
すぐ後ろには死がついて来ます。
年々処分数が減っているとは言っても、
それは、犬猫を引き取るボランティアが増えた事も
大きく関係しています。
センターの一般譲渡会に参加する方も増えてはいるでしょう。

しかし、処分数が減ってはいても
収容頭数が減らないのはナゼなのか。

相変わらず、放棄する人間も減っていないという事ではないでしょうか。
収容頭数が減らなければ、
そのまま処分数ともなってしまうのです。

収容頭数が減るにはどうしたらよいのだろう。
何か画期的な策はないのだろうか。
f0087256_23344393.jpg


by minna-yoiko | 2010-05-20 23:35 | 動物達
line

里親探しの預かり記録  (現在の里親募集中保護犬猫は、猫のあかです)


by minna-yoiko
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31