ひかりちゃん&さくらちゃん

ひかりちゃんの里親さんから
ひかりちゃんを迎えて1周年のご連絡を頂きました。

詳しくはひかりちゃんパパさんの日記
「犬と生きる、ひかりと暮らす」に書かれていますが、
パパさんから頂いたメールを一部抜粋して下へ書きます。
パパさんからのメールを読んで、
私自身忘れ欠けていた事があったとハッとし、
ただの“犬”としてではなくて、
こういう風に家族としてお互いそこにいなくてはならない存在に
なってくれる家族を探していたんだと改めて気づきました。


 「A様
  不安と期待で胸がいっぱいだったひいがくるまでの日々には
  考えられなかったことを、私たちはこの一年で経験しました。
  妻がネットでひいと出会ったのは偶然が大きく作用していますが、
  Aさんと連絡を取り合い、お見合いをし、この家にちょこんとひいが
  やってくるまでは必然の力が大きかったように思います。

  詳細はサイトの日記の本日の項に書きましたが、
  ひいはK家というとても小さな群れにとってなくてはならない存在に
  なりました。
  ひいも小さな群れに自分の居場所を見つけ、
  のびのび毎日を過ごしています。
  妻ともしばしば話をするのですが、ひいがいなかったとき
  どうやって二人で暮らしていたのか思い出せないくらいです。
  ひいはコンテストに出たり、芸を完璧にこなすような犬ではありませんが、
  そんなことは私たちにとってまったくどうでもよいことです。
  愛玩犬と呼ぶのにも抵抗があります。
  ただそこにいるだけで絆を感じられる家族そのものの存在といった
  ところでしょうか。
  ひいが頼りない私たちを信じてくれているのも嬉しい限りです。
  命というものは有り難いものです。
  小さな群れは、次の一年も静かに暮らして行きます。
  平凡であっても、二人と一匹にとってこれが幸せのように思います。」

f0087256_239421.jpg

ひいちゃん、大あくびしちゃって(笑)

ひかりパパさん、私はこのメールにとても勇気付けられました。
チャーリー&ブラウンも、いつかそんな家族に出会える事を信じて
諦めずに里親募集をしていこうと思います。
ありがとうございました。



そして、ゆきのじょうさんお待たせ~。
さくらちゃん(元こだまちゃん)からも近況のご連絡を頂いていますよ。
さくらちゃんは、やっぱりいつまでたっても幼い可愛いさくらちゃんでした。

里親さんからのご連絡を一部抜粋。


 「さくら(こだま)も我が家に来て2年が経ちました。
  すっかり我が家の次女です。
  すっごい甘えっ子で可愛いです。
  昨年、11月に女の子が生まれて、子供達も、そしてさくらも
  ほのぼのとした毎日を送っております。
  赤ちゃんが来ても、動ずる事なくベビーベッドで添い寝したり。
  赤ちゃんが泣くと、「にゃーにゃー」と鳴いて知らせてくれます。
  長女の友達が来ても臆することなく、身体をなでてもらって
  すごく嬉しそうですし。
  我が家にはなくてはならない存在になっております。
  なかなか、近況のご報告が出来ませんが、みんな幸せです。」

f0087256_23231486.jpg

f0087256_23232599.jpg

でも、よ~く見ると、ちょっとだけ丸くなって
ぶーちゃんにソックリにも見えるなぁ(笑)
この姉弟は太らないのかしら。
アンもすごく細身だし。

2匹とも、猫エイズのハンデがありますが、
里親さん方がとても大事にしてくれているので感謝しています。
さくらちゃんも、アンも、長生きするんだぞー。

by minna-yoiko | 2009-04-27 23:27 | 近況報告
line

里親探しの預かり記録  (現在の里親募集中保護犬猫は、猫のあかです)


by minna-yoiko
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30